2005年12月20日

新装備導入!!

筑波で壊れたスターティングモーターだが、
ネオライフに中古のリビルド品を送ってもらって交換することにした。
壊れた方はネオライフに送って、
故障の程度が軽ければ修理扱いにしてもらえるとの有り難い申し出であったが・・・

部品が届いたので、早速交換。
不良品を取り出してみると、
モーター自体がすっかり焼き付いて固着していた。
そして、フライホイールを回転させるピニオンが
フライホイールと接触してたところだけゴッソリ削られていた。((((゜д゜;))))
逝っちゃったスターター
場内放送で言ってた火花の原因ってこれだね。
・・・って、スターターが通電しっぱなしだったってことか?
決勝まで、そんな気配はなかったが・・・
決勝のピットストップでエンストしたときも
すんなり再始動できてたし・・・

どっちみち、このモーターは再生不能じゃないかって気がする。(´・ω・`)

交換したモーターはすこぶる調子がよく、
ピニオンが出っぱなしってこともないようだった。
モーター自体の不具合だったのかな・・・?


さて、ボーナスの季節である。
実は、レース前に調達していた装備がもう一つある。
本当は筑波に出る前に取り付けておきたかったのだが、
諸般の事情(爆)で、レース後に受領することになっていたのである。

新装備(爆) ETC本体

写真を見ればわかるとおり、ETC車載器である。
2006年3月からハイウェイカードが廃止されるってことで、
ETCの割引も魅力的なこともあって
以前より懸案だったライフ号へのETC車載器導入の許可が下りたのであった。
「ボーナスでたら買っていいよ」


で、自動車用品店で買い物するついでに物色してたのであった。
予算は1万円。取り付けは自分でやるにしても、
登録料は払わなきゃいかんとなれば
本体価格はなんとしても1万円を超えるわけにはいかないのだ。
セキュリティを考慮すればアンテナ分離式が必然なのだが、
1万円ではそうそう見つからない。
まあ、のんびり探すか・・・
とか思ってたら、K&Kの前日、レース用の準備でオイルなんかを調達に行った
スーパーオートバックスかしわ沼南店で、5台限定大特価の文字が!!
携帯で嫁さんに購入の許可をもらって、売り場のお姉さんをつかまえたのであった。

「これください!!」

で、ETC車載器は取付ける前に、識別のための車両情報の登録が必要なのだが、
そこはさすがに30年オチのクルマである。一筋縄ではいかないのだ。
通常のケースであれば、車検証があれば店舗に設置してあるオンライン端末で
登録情報を入力できるため購入即取付けとなるのだが、
360cc軽自動車の場合、車検証の記載事項では足りない項目があるのだ。
前軸重と後軸重のデータである。
黄色ナンバーの軽であれば、記載されているらしいのだが、
360時代はそんな項目は無かったようで、車検証もそこは空欄となっているのである。
店によっては「登録できるかどうかわかりませんねぇ」
などと威かされても不思議ではない状況である。

しかし、さすがに「日本最大級」と自称するSABかしわ沼南店である。
売り場の担当者によれば、この店ではすでにステップバンをはじめ
2〜3台の360cc軽を登録しているというのである。
「360ライフのお客さんも見えられましたよ」
なんと心強い!
「ETC登録センターに問い合わせしますのでその間お預かりとなりますが・・・」
もちろん、こちらに異存はない。


レースの翌日、登録完了の連絡が届いたのであった。
あとは、取付けるのみである。
posted by kewpie at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Life360
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。