2005年12月21日

ETC

ETC車載器の取り付けそのものは至って簡単である。
本体とアンテナとスピーカーの取り付け位置を配線の取り回しを考えながら決め、
ACC電源か常時電源を取ればいいだけである。
基本的に、付属の配線は普通車でも余裕がありすぎるほど長いので
360軽であれば、よほど特殊なことをしない限り、
長さが足りなくて困ることは無いはずである。
ってか、余ってどうしようって感じである。


現代のクルマであれば、インパネ周りをはがして配線をたくし込むのも一苦労であるが、
ライフ号などはダッシュボードの下はスカスカなので何も考えなくてよい。
実際問題になるのは、アンテナの取り付け位置と角度くらいのものだろう。
定番どおり、フロントのウィンドシールド上端に貼り付けてしまえば
これも問題は無いのだが、なんだかいかにも「ETCつけてます」って感じになるのが気になった。
そこでダッシュボードにつけようとしたのだが、アンテナ角度が微妙になるのに気がついた。
室内側に向かって傾斜しているため、アンテナがわずかに手前に向いてしまうのだ。
取り付けても、確実に送受信できなければ意味が無い。
さて、どうやって角度つけようか・・・

で、結局、アンテナ用ウィンドー取り付けキットを裏表逆にはめてダッシュ上に貼り付けて解決した。

アンテナ取付け

本体は運転中に慌ててカードを差し込む状況も考慮して、
邪魔にならず、かつ手がすぐに届くところに固定。
後は、別ユニットとなっているスピーカーを固定して、適当に配線を処理して完成。
おお、いい感じじゃん。

本体はココ

バッテリーを接続して作業完了。

所用で横浜に行かねばならないため、早速出発だ。
いきなりの実戦投入である。
待ってろよ、ETCゲート!

クルマを始動すると、早速文句を言われた。
「カードが刺さってません」
むう、生意気だな(爆)


カードを差し込んだら「確認中です・・・カードを認証しました」
正常に作動しているようだ。結構うるさいな。

最寄りのICで専用ゲートに突入!
「ピンポ〜ン♪ 通行できます」
おお、大丈夫だ。
隣の一般ゲートを通過してきた1BOXのドライバーと目があった。
なかば呆れたような顔でこちらを凝視していた。
ニヤリと笑って東京方面へ向かった。
なんだか非常に愉快な気分だった。

・・・そして、ちょっとだけ自己嫌悪を感じた。○| ̄|_

posted by kewpie at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Life360
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。