2006年04月16日

第22回K&K参戦記 その2

で、予選スタートである。
決勝の2時間(!)に比べて、予選が15分はチョッと物足りないなぁとかいいながら
とりあえずポンタ、俺、サカイの順で走ることにする。
このコース、やたらとテクニカルなので
出来ればコースの完熟も含めて、一人あたり10分位は走らせてもらいたいのだ。

第22回K&K予選

3周ほど走ってポンタがPit−in。ドライバーチェンジだ。
走ってみると、やっぱり怖いwww
雨でズルズル滑るは、水溜りでコースは狭くなってるは
コース上に川が流れてるはでとてもアクセルを踏む勇気がくじけるのであった。

2〜3回スピンしたところでそろそろPit−inの頃合かなとか考えていたら、
バックストレートでまたしてもスピンwww
キーをひねるもエンジンがかからない!
スターターは勢いよく回ってる音がするって事は・・・
スターターのピニオン逝ったかな・・・

車外に出て始動不能をコントロールに合図。
うは、ここピットやメインスタンドから丸見えじゃんwww
恥ずかしー

うは、丸見え

しばらくそのまま放置された後、レッカー移動で退場となったのであった。
退場!ドナドナ

パドックでボンネットを開けてみると
やはりスターターのピニオンがきれいに削られて丸くなっていた。
前回の筑波の時と違ってモーターの固着は無い様で、
スイッチを入れると元気よく回っている。
・・・また、押しがけかな(爆)

試しに押しがけしてみると、あっさり始動
このまま決勝に出場することも検討したが、
今日のコースコンディションとドライバーの腕から言って
スピンアウトは必至(爆)ということで
再始動できないクルマは他の迷惑になるため
出走を断念する事になった。

記念すべき、初リタイアである。トホホ

ストックの決勝は赤旗中断などあったようだが
熱いバトルが展開される楽しいレースだったようだ。
第22回K&Kストック決勝

今回はストックの決勝のあとファミリー走行なるサーキット体験走行が企画されていたので
つれてきていた後輩のマキタにサーキットデビューさせることにした。
バトルしなきゃエンジン止まることもないだろうwww
予選を走れなかった "エース" サカイのドライブで
ジェットコースターなコースを堪能させた後
オープンやTSの決勝を見ることも無く
そそくさと帰途についた我々であった。

posted by kewpie at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | K&K
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。